お家大好き大学生「TengDo」の最高のひきこもりを目指すブログ

現在大学3年生。なによりも部屋にいることが大好きです。最高の引きこもり生活を目指してお金を使います。

Creative Sound Blaster X-Fi Surround 5.1 Pro サウンドブラスターのUSBオーディオインターフェースをレビュー!! 対して変わらない!?(素人の耳)

クリエイティブの外付けサウンドカードを買いました。購入時価格5,369円(amazonf:id:TengDo:20170810224130j:plain

 

〇外観

f:id:TengDo:20170810224144j:plain

外観は黒でテカテカです。音量は丸いところでクルクル操作できます。大きさは横13cm縦8cmで私のzenfone3と同じぐらいの大きさです。

f:id:TengDo:20170810224145j:plain

 

f:id:TengDo:20170810224147j:plain

出力端子はこの通りで、ヘッドセットや2.1chや5.1chのスピーカーが主な用途です。

 

 

〇使用レビュー

・音質 使用ヘッドホン ATH-M40x

肝心の音質です!比較対象はオンボードsonyのマイク(ECM-PCV80U)付属のUSB AUDIO BOXです。これはただの変換機です。

音質は正直変わらないというのが正直なところです。んーまぁ感動とかそういったところは全くないです。またUSB AUDIO BOXに比べて音量が小さいです。出力も入力も小さいです。

・使用時のダメなところ

ノイズが出ます!具体的には他のUSB機器を接続したり、ゲーム起動時など、何か負荷がかかるとビリビリといったノイズが出ます。これは環境のせいなのか…?

 

〇ドライバーインストール時のトラブル

ドライバーやコントロールソフトをインストールしたときに、それが「使用機器が見つかりせん」という表示がでで上手く入らない状況が起きました。これは価格.comに同様の現象が起きた人が解決の過程を書いてくれていたのでURLを貼っておきます。

どうやらESETを使用しているのが原因のようです。

 

bbs.kakaku.com

 

〇まとめ

さて結局買って良かったのかというところですが…安物買いの銭失いは否めません。

もう少しお金を出していい製品を買わないと「音の違い」は味わえないんだろうなぁなんて素人は思ってしまいます。

でも音に何万も出せないよなぁ…

ジャンプのエロ表現騒動について個人的主張。ありがとう少年誌のエッチな漫画家って僕は言いたい!!

過激すぎる?「少年ジャンプ」のお色気表現に賛否 「息子には読ませない」「エロは成長に必要」キャリコネニュース 変更する

https://news.careerconnection.jp/?p=37894

 

まずこの騒動を知らない人はこの記事を読んでほしい。

 

さてジャンプお色気騒動について個人的主張をします。

 

まず議論の整理を…

 

この騒動の発端となったのはとあるツイートからであるが、火をつけたのは弁護士の太田啓子さんの

「息子には少年ジャンプは読ませない。息子をもつ保護者の皆さん。少年ジャンプ編集部に抗議を。どうかと思うよ」

 

このツイートであると思います。このツイートには容認派、否定派ともに多くの人が反応しました。

 

私は容認派なので、ざっくり否定派の主張を紹介すれば

「別に全ての性的表現を否定しているわけではない。相手が嫌がっているのにそれに対して性的興奮を覚えるのが問題。

 

容認派は端的に言えば「エロも表現の自由のうち」という形の意見が主だったものかなと思います。

 

 

さて本題です。テング的主張です。

「僕は裸になることが恥ずかしいこと。女の子はセクハラ行為を嫌がること。それを教えてくれた少年誌のちょっとエッチな漫画家に感謝したい。」

 

 

私は容認派で「エロも表現の自由のうち、エッチな漫画で性的におかしくなるわけじゃない。性教育できちんと教えればいいじゃないか。」という論調はもちろん同意しますし、

否定派の「嫌がることに性的興奮を覚えるのは問題だ」という論調にも理解はできます。

 

しかし今回問題のイラストでは女の子は恥ずかしがっているのです。つまり裸になっていることを嫌がるように描くことで、この状態は普通ではなく異常なことであると教えてくれているのです。

 

性的に女性の嫌がることはしてはいけない。エロいことは恥ずかしいこと。オナニーは隠れてすること。そんな現代日本に生きていれば当然の考えも、こういったちょっとエッチな漫画から学んだことなのかもしれません。

 

ありがとうエッチな漫画の作者たち!!

 

 

COUGAR クーガー マウスバンジー BUNKERのレビュー 使用マウスSteelSerises Rival300

今回はクーガーのマウスバンジーBUNKER(CGR-XXNB-MB1)のレビューをします。

・はじめに

 マウスバンジーとは机の上でグチャグチャしてしまうマウスのコードを固定するもので、マウスのコードが机の上で暴れるのを防ぎ、さらにコードの擦れによる断線も防ぐものです。

 マウスバンジーの中でamazonのレビューのレビュー数が一番多いのはRazerのマウスバンジーですが、コードを挟むところが狭いというレビューが見受けられました。レビューに影響されてしまう私、一番人気を買うことに抵抗のある私なので、こいつを購入することにしました。

 使用マウスはSteelSerises Rival300です。ちなみにマウスバンジーはこいつしか使用したことがないので、比較はできないです。

 

 

・箱f:id:TengDo:20170528175250j:plain

・本体

f:id:TengDo:20170528175255j:plain

 

〇仕様と感想

 机に固定するのは粘着性のある吸盤です。中央のレバーを下げて吸盤で机に固定します。吸着力は凄く、ガチガチに固定されます。しかし取り外しは容易です。

 コードを挟むところは丁度よいです。またアームの部分はしなやかに稼働するのでマウスをどう動かそうが問題ないです。

 質感も特に不満はなく、全体もコンパクトなので邪魔になりません。なによりマウスバンジーは「ゲーマーのデスク感」が出るのでいいんです。

 

まぁ買って損なしな商品だと思いますが、無駄な買い物であることは否定できないです。

 

 

 

9700シリーズ最新モデル PHILIPS イヤホン SHE9730 レビュー

PHILIPSのイヤホン、9700シリーズ。これは5000円以下のイヤホンの中では高い評価を得ているイヤホンです。2008年に9700が発売して以来、9710 9720 9730と発売されてきました。今回は2017年発売のSHE9730についてレビューしていきます。

 

 

〇外観と付属品

f:id:TengDo:20170521180737j:plain

付属品はポーチとイヤホンを巻くやつ?ですね。あとハイレゾ対応。

f:id:TengDo:20170521180747j:plain

写真の取り方が雑ですが、イヤホンはU字型、プラグはL字型です。

値段は私の購入時で4,300円ほどでした。

 

〇イヤホンレビュー

先に言っておきますが、私のイヤホン歴は浅いです。今回も4000円のイヤホンを買うのにかなり迷ってしまいました。これまで使っていたのはオーディオテクニカのシングルBAイヤホンのATH-CKB50(約3500円)です。ざっくり説明ですが、BA型イヤホンというのは高音域がきれいで、音が細かいイヤホンです。9730はダイナミック型で全体の音域を出すことにたけているイヤホンです。ですので、イヤホンとしての特徴が違うので比べてはいけないような気もしますが...比べてしまうことになるでしょう。

あとよく聞く音楽は韓国の少女時代のテヨンとIUです。歌声がきれいな歌手で、ポップな曲からバラードまで歌ってます。     

 

1.音質

 多分いいんだろうなと思います。綺麗な六角形のチャートを描けるような感じだと思います。オーテクと比べても楽器の演奏の質感が上ですし、歌声は9730のほうが質が上な気がしますが、オーテクのほうが綺麗な気がします。気がしすぎでごめんなさい。

 

 

2.音質以外の話

 タッチノイズで結構ゴワゴワします。タッチノイズというのはイヤホンが何かとこすれるとゴワゴワ聞こえるやつです。歩いて音楽を聴くゴワゴワがすごいです。だだしこれについては高級イヤホンではタッチノイズが全くしないというのは知らないで、こういうもんなのかもしれないです。

 

 U字型ってなかなかいい。有線イヤホンは主流Y字型と、反主流のU字型に分けられます。文字通りY字型というのは、イヤホンの線が二本に分かれるところが同じ長さで分岐してます。U字型というのは、片方が短くてもう片方が長いです。Y字型を使ってきた私はU字型はどうかなと思っていたのですが、短いほうをそのまま付けて、長いほうを首の後ろに回して装着するとすごく使い勝手良くなります。私はU字派になりました。

 

終わりに

 素人によるレビューでごめんなさい。でも9700シリーズの評価は凄く高いので、いわゆるイヤホン上級者でも評価しているイヤホンだと思います。結局評価されているイヤホンを買うのが一番なんですね。そんな感想です。

「4月中にできないなら無理!」友達いない大学生に伝えたい。単位の取り方。

はい。今回はお友達を作れないままに1ヵ月経過してしまった悲しい大学生に、どうすれば単位を取り無事に大学卒業へのレールに乗れるかを講義していきます。

 

筆者は大学に友達はいません。しかし大学3年生20歳としてここまでちゃんと単位とってます。昼飯は牛丼屋です。

まずなぜ友達ができなかったのか...。

 確かにあの時18歳の僕は大学いったら友達を作らなければ、大学生活を楽しめない...単位をとれない...なんて考えてました。先に言っておきますが前者についてはその通りです。そんな気持ちで友達が作れそうな場があったときはLINEを交換して、その場では「どこ出身?」「英語のクラスどこ?」などの反吐が出る会話をしてました。しかし私はそんな会話をするのはその日だけで、その日以降は一切会話をしませんでした。なぜか?それは

 中途半端な知り合いが煩わしくて仕方なかった。

 これではだめです。友達の種をまいたら水をやってお世話をしないといけません。こうしてぼっち大学生が誕生しました。

 ただし今となっては大学にそこそこの知り合いはいますし、サークルに入ってちょっとだけ飲み会にいき飲み会のノリとかやったことあります。下ネタを堂々と言えば男とは仲良くなれます。

 

さて前置きはここまでで、本題に入ります。

ぼっち野郎の単位の取り方

1.授業の選び方

 誰かに落単を教えてもらえない僕たちは、シラバス楽天の「みんなのキャンパス」で吟味しましょう。グループでプレゼングループワークディスカッションなどのぼっち殺しのワードがでてくる授業は絶対NGです。後述しますが興味のないどうでもいい授業を選ぶのは危険です。なので「興味のある授業」を取りましょう。もしくは興味がない授業を取る場合は場合は教科書・配布資料持ち込み可や、配布資料がネットに上がるなどといった「楽単」を選びましょう。欠席や居眠りしても自力でなんとかなる授業を選ぶことです。

 また聞き耳を立てましょう。ぼっちは教室内においてイヤホンで外界から身を守ろうとします。しかしイヤホンを外してたまには外の会話を聞いてみましょう。「こいつは楽、これはキツイ」などの会話をしている時があります。そうして取りやすい授業を選びましょう。キャバ嬢やガールズバーで働いてる女の子の会話も聞けるかもしれません。

 

 

2.単位を取るために

 出席を代わりにやってもらえない僕たちは頑張って大学に行きましょう。そして配布資料を手に入れましょう。なので興味のないどうでもいい授業を選ぶのは危険です。モチベーションがなくなるからです。興味のない授業を取っても前述したような楽単であれば寝ててもポケモンやってても単位とれるので大丈夫です。

 また教室の座る位置は出口に近くて端の席です。なぜならそこにはぼっちが溜まり、「じゃ話し合って」とか言われても逃げられるからです。周りがぼっちならなんとか話し合えます。ただし極力このような授業は取らないことです。しかし必修の授業では逃げられないので端に座りましょう。

 

3.堂々といけ

 誰もお前のことなんて見てない。

 

 

まとめ

 結局単位を取るためには大学に行かないといけません。よく「出席頼むわ。ノート見せて。」等の会話をしているのが見受けられますが、結局友達がいてもいなくても、15回中10回も大学に行けないような奴は稀です。だから辛さはあまり変わらないのです。ただ英語だけはグループでプレゼンとかいうふざけたことする場合があるので、そのような不運に見舞われた場合は再履修しましょう。再履修はバカとぼっちしかいません。だから大丈夫です。

 

 

Kindle paperwhite 買いました。3週間使用レビュー!ここがダメだよAmazonさん!

kindle買いました。

f:id:TengDo:20170422034812j:plain

4月1日春のタイムセール祭り。プライム会員なら6300円オフで買えたkindlepaperwhiteマンガモデルですが、プライムスチューデントの私は、2800円オフの15,480円で買いました。過去に非プライムで更に安く買えたセールもあったらしいので損しております。私の中の物欲の神が暴走しましたね…。

 

そんなKindleの使用レビューはわんさかありますので、「ここがダメだよAmazonさんよぉ!」って感じで味を出してやってきます。といってもまぁ百番煎じですけども。

 

 

まずざっといいところを…。

・ページをめくる時だけ触ればいいので、めっちゃ楽!!

・暗いところでも読めるので快適!

Kindleストアは若干安い。

・充電が持つどころレベルではないぐらい持つ。(この点は超越してる)

電子ペーパーで目が疲れない。

 

 大体こんなところです。まず電子書籍は、机に立てかける感じで読めばハンドフリーで読めて快適だし、持って読んでも普通の本と比べても遜色ないです。(むしろ小さい本や大きい本、重い本、そんな本を常に同じ端末で読めるので本に勝ってる。)

 Kindleストアは若干安いので嬉しい。

 端末としての評価は充電という概念がないぐらい持ちますし、解像度は高いし光るので快適ですね。

 

さて本題です。ここがダメだよAmazonさんよ!

(筆者はこれが電子書籍デビューです。なにをいまさら状態かもしれませんが…)

ポイント勝手に使うんじゃないよぉ!!!

Kindleストアではポイントやギフト券を優先的に使われます。これには私は困惑です。なぜならポイント貯めてあれ買おうができないからです。なにか理由でもあるんですかね?ポイントがなければクレジット決済になるわけですから、なんか作戦があるんでしょうね…。

Kindleデビューした私としては、この声を利用者の一人として叫び続けようと思います。

あとダメなところは端末代が15000円ということで、いくらKindleストアが普通の本より安いといっても元が取れるかはわかりません。100円オフで150冊で元取れますね...。あっでもそんなこと気にするなら無印Kindle買いましょうねって感じですね。

 

 

 

 

 

 

 

コイズミファニテック「JG7」1ヵ月使用レビュー 予算3万円前後向け オススメ デスクチェア

コイズミファニテック「JG7」1ヵ月使用レビュー。

f:id:TengDo:20170405021522j:plain

購入直後

f:id:TengDo:20170405021527j:plain

いいところ

・作りがしっかりしている。

・ひじ掛けが上下できる。

ヘッドレストが上下できる。

 

ダメなところ

・リクライニングが4段階!    

・ランバーサポートが調節不可! 

 

仕様レビュー

 まず作りはしっかりしています。いわゆる一万円以下の安物のデスクチェアよりも明らかにしっかりしています。ひじ掛けとヘッドレストは上下できます。

座面はモールドウレタンというへたれにくいウレタンを使用しているので耐久力はあります。また背もたれのメッシュですが特に不満はありません。

 

 リクライニングは4段階です。無段階ではないので最初のほうは少し合わないなということを感じていましたが、今は問題ないです。ランバーサポートという腰当ては調節不可です。なので合わない可能性はあります。

 

 

締めくくり

 コイズミファニテックはJOIFAという、ざっくり言って「ちゃんとイスを作ってる団体」の会員ですので、品質はある程度の保証はあります。

 筆者は180cmですが、若干ヘッドレストが低い感じはあります。ヘッドレストの上部に後頭部が来る感じです。ただ他にこれ以上の高さのあるイス、かつこの価格帯のものはないのでこいつ一択でした。ただヘッドレストは意外と使います。ヘッドレストに枕を置いてのんびり映画を見ることも増えました。以前は1時間も座ってられないほどのクソイスでした。なので快適です。マジで疲れないです!!

 

 予算が3万円ということならオススメできます。ただもっと出せるなら出したほうがいいです(10万とか)。デスクチェアで3万円は安い部類なので...。