お家大好き大学生「TengDo」の最高のひきこもりを目指すブログ

現在大学3年生。なによりも部屋にいることが大好きです。最高の引きこもり生活を目指してお金を使います。

【CPUクーラー白虎】自作初心者がコンパクトなCPUクーラーに付け替えてみた。【温度比較】サイズ・SCBYK-1000I・白虎レビュー

どうもテングです。

今回は夏をCPU付属のリテールクーラーに乗り越えたのにも関わらず、この涼しくなってきたこの時期にCPUクーラーを取り換えてみました。

今回購入したのはサイズ白虎(SCBYK-1000I)です。

Amazonhttp://amzn.asia/g818vMR 2,509円 9/29現在

 

外観

f:id:TengDo:20170929202833j:plain

f:id:TengDo:20170929203037j:plain

f:id:TengDo:20170929203046j:plain

f:id:TengDo:20170929203055j:plain

外観はこんな感じです。あっもちろんシールは剥がしましたよ...。そういえば剥がしてないかもしれない…。カギ閉め忘れた的なね。

大きさは高さが13cmとコンパクトです。ファンの大きさが9.2cmです。同じサイズの自作上級者にまで使われている虎徹は高さ16cmのファン12cmです。

 

取り付けた話

さて取り付けた話ですが、取り付け方はリテールクーラーと同じプッシュピン式です。意外とすんなり出来ました。グリスは付属のものを使用しましたが、塗り方が心配です。よく米粒大とか言いますが、小豆ぐらいにしちゃいました。また全体にいきわたっているのかといのも心配です。「真ん中こんもり押しつぶし作戦」にしたので、そこも不安要素です。まぁいずれにせよケースの交換も考えていますので、機会があればグリスの変更もしてみようかなと思います。グリスもいいグリスを使うと変わるらしいですからね。

f:id:TengDo:20170929203115j:plain

 

温度比較 リテールクーラーと白虎で

さて本題の温度比較です。PUBGでやってみました。より負荷を求めてポチンキに降り立ってます。また温度表の見方がよくわかってないです。CPU Packageのところで見てます。間違っているようでしたら指摘してください。

リテールクーラー

1.Value:62℃ Max:66℃

f:id:TengDo:20170929210910p:plain

2.Value:63℃ Max:66℃

f:id:TengDo:20170929211001p:plain

3.Value:61℃ Max:66℃

f:id:TengDo:20170929211025p:plain

白虎

1.Value:58℃ Max:61℃

f:id:TengDo:20170929211120p:plain

2.Value:58℃ Max:64℃

f:id:TengDo:20170929211211p:plain

3.Value:58℃ Max:64℃

f:id:TengDo:20170929211234p:plain

 

まぁ若干下がった?ぐらいですかね。もっと下がるのではないかという期待もありましたので少し残念です。もしやグリスの塗り方が悪かったのではないか???と疑ってしまいます。

温度の面でみるとこんなもんですが、静かにはなりましたでもゲーム中はヘッドホンしているので静かになったからって何でもないんですが。今度エンコードしたときにどの程度静かになったのかというのは確かめたいです。リテールクーラーでは「ブオーーーーン」っていうのがずーと続いてましたので気になるところです。

 

白虎というクーラーは結構が評判がいいです。兄貴分の虎徹はCPUクーラーの代表格ですので、まぁ白虎も間違いなしの商品ですかね。コンパクトでよく冷えるということで評価されています。またプッシュピン式で付けやすいので、私のような初心者にはお勧めのクーラーではないでしょうか。

最後まで見ていただいてありがとうございます。私はまだ自作の知識が足りないので、こういった作業は怖くて仕方がないですが、やっぱり作業としては楽しいです。

 

 

 

 

【パーソナル・アンプレビュー】Fostex AP15d コンパクトなアンプをレビューしていく。

どうもテングです。

tengdo.hatenadiary.com

今回はこちらの続きとしてアンプのレビューを行っていきます

使用スピーカーはDenonのSC-M41-CWです。こちらもレビュー記事がありますので宜しければ是非ご覧ください。

さてレビューするのはFostexのAP15dです。価格は8,661円(9/19現在)です。他の同じような中華アンプは3000円台で売られているので、それに比べると少々お高いです。また下位モデルにAP05d上位モデルにはAP20dがあります。

私はアマゾンの中古販売で未使用品を7,280円で購入しました。

 

外観レビュー

前面

f:id:TengDo:20170919140429j:plain

後面

f:id:TengDo:20170919140431j:plain

付属品

f:id:TengDo:20170919140426j:plain

外観はこんな感じです。小さくてズッシリです。大きさは私の5.2インチスマホより小さいです。この前中華アンプのLepyのLP-2024Aに触れる機会があったのですが、LP-2024AはAP15dよりの大きく軽かったです。

付属品は一通りあります。LEDランプは緑色です。

 

仕様と使用した話

〇仕様

  1. 定格出力:15W+15W
  2. インビーダンス:4Ω~8Ω
  3. 入力端子:ステレオミニジャック、RCAピンジャック

ざっくりこんなところです。定格出力はまぁ十分といったところでしょうか。これぐらいあればまぁまぁ大きな音量は出せるらしいです。インビーダンスは4~8です。これぐらいあれば大体のスピーカに対応してます。中華アンプLP-2024A出力20Wインビーダンスは4~8ですのでカタログ上ではAP15dよりも良いです。

入力端子は前面のステレオミニジャックと後面のRCAピンジャックです。パソコンから出力させる場合は前面のミニジャックで接続すれば、他に何も用意することなく使用することができます。またスマートフォン等でも出力できます。私はUSBDACを使用を使用しているのでパソコンからはRCAピンジャックを使用してます。(私の使用環境ではオンボードで使用したらノイズで使い物にならないレベルでした)

ダメなところは二つあります。

ダメなところ①ミニジャックとRCAミニジャックは同時に接続しているとミニジャックが優先されます。なのでスマホで流す際にはいちいち外さなければいけません。少しめんどくさいです。

ダメなところ②:自動的に電源が切れません。アクティブスピーカーはオートスタンバイ機能がついているものが多いです。電源はボリュームノブで切れるのですが、省エネという観点ではマイナスです。

 

〇使用レビュー

さて肝心の使用レビューですが…まぁまぁですかね。というか可なのか不可なのかわかりません。いい音といってもアンプのお陰なのでしょうか…。比較ができないのが残念です。ただ音量は結構大きく出せるのでそれだけで十分といったところでしょうか。

またスピーカーのレビューの時にも書いたのですがノイズはないです。アンプのおかげなのでしょうか。

 

それでは締めます

さて肝心の使用レビューがずいぶん薄っぺらく仕上がってしまいました。ごめんなさい。Amazonレビューには「暖かい音」とか「聞きやすい音」とか書いてありましたがなんだかさっぱりです。一度10万円のアンプと1万円以下のアンプで目隠しした状態で聞き比べてみたいものですね。

AP15dは中華アンプと比べるとスペック上では負けています。ですが中華アンプのレビューには「壊れやすい」等のレビューもあり。品質を見ればFostexのブランドを信用して少々高くても買うのもありではないでしょうか。

また下位モデルとの比較ですがAP05dはインビーダンスが8Ωなので私のスピーカーには合わないのですが、約5,000円と安くてよさそうです。上位モデルのAP20dは約13,000円で結構お高いのですが頑張ってそっちを買うのもアリだったかなと思います。

いずれにせよアンプの世界はキリがありません。プリメインアンプであればエントリーモデルで数万円です。あーいつかは味わってみたものです。

 

 

 

 

【スピーカーレビュー】Denon ブックシェルフスピーカー「SC-M41-CW」レビュー 【予算1万円前後】

どうもテングです。

tengdo.hatenadiary.com

今回は前回書きましたこの記事の続きとして、Denonのブックシェルフスピーカー(パシッブスピーカー)SC-M41-CWのレビューをします。

 

外観レビュー

f:id:TengDo:20170916173257j:plain

f:id:TengDo:20170916173304j:plain

f:id:TengDo:20170916173314j:plain

ざっくり外観はこちらです。写真の取り方が雑ですね。

寸法:幅14.5cm 高さ24cm 奥行23cm

最初の感想は「結構大きい」と思いました。特に奥行が…。Amazonでベストセラー1位のFostexPM0.3が10x18.5x13cmですから、デスクトップで使うスピーカーとしては少し大きいのかもしれません。

f:id:TengDo:20170916173329j:plain

こんな感じで置いております。

 

使用レビュー

私の使用環境はUSBDAC(サウンドブラスターX-FI Surround 5.1 pro r2)からアンプ(fostex AP15)を通して使っております。パシッブスピーカーはアンプの性能にも左右されます。高いアンプではないので力を出し切れているわけではないかもしれません。ご了承を...

 

音質

私はいままで大したスピーカーを使ってきてないです。自分で買ったものではこれが一番の買い物です。アマゾンベストセラー1位のロジクールの白く小さいスピーカーや貰い物の安いホームシアターのおまけスピーカーを使用していました。ただリビングにはヤマハホームシアターがあり、それなりに良さげなスピーカーも経験しています。

 

さて音質ですが…「感動とまではいかないがかなりいい」

音楽を聴いていて相当楽しいです。タラタラ~ タラタラ~の間の空気感?それが感じられる…そんなスピーカーです。

低音も高音もバランスよく出てると思います。スペック上の周波数(低音高音)も45Hz~40kHzとそれなりにきちんとカバー出来ています。

音量も大きいです。音量はアンプにも左右されるのですがこのアンプでも十分な大きさが出ます。地面を揺らす…そこまでではないです。

 

その他

なによりの話なのですがノイズは全くないです。私がアクティブスピーカーを敬遠した理由の一つにノイズ問題がありました。ちょくちょくレビューにもあり恐れていました。このスピーカーはパッシブスピーカーの性質上?なのかノイズはありません。

 

 

 

さてそんなところです。総合的に見てこの買い物は成功と言えます。しかし厄介な話としてすでに次にスピーカーが欲しくなってしまっている。次はペア3万円台で見ていこうと思います。では最後まで見てくれてありがとうございます。

 

【スピーカー選び】オーディオ初心者による予算2万円のスピーカー選び。結局選んだのはパッシブスピーカーでした。

どうもテングです。4月ぐらいから「テングいい音計画」と静かに銘打って様々なスピーカーを物色していました。候補はいくつかありfostexの「PM0.3」「PM0.4」や、YAMAHA「NX-50」Denon「DN-304S」等々の1万~2万円台のアクティブスピーカーが主な候補でした。

しかし私はいい音を求めたい…これが最良の選択なのか…自問自答の日々で気が付けば5ヵ月が経過していました。そんな悩んだ日々を書いていこうと思います。また同じようにオーディオ初心者で何を買えばいいか分からない人にも参考になればい幸いです。

筆者はオーディオ初心者です。薄っぺらい知識ですのでご了承ください。

f:id:TengDo:20170908185418j:plain

 

〇アクティブスピーカー、パッシブスピーカーってなに?アンプってなに?

・アクティブスピーカーとは

アクティブスピーカーとはアンプ内蔵のスピーカーのことを言います。要は2つのスピーカーを置いて線を繋げばそれで動作する。ということです。上記に上げた候補は全てアクティブスピーカーです。

・パッシブスピーカーとは

パッシブスピーカーとはアンプが入っていないスピーカーです。動作させるにはアンプが必要です。CDコンポの両サイドにあるスピーカーがそれです。比較的高いスピーカーはパッシブスピーカーが多いです。

・アンプとは

音を増幅する装置です。スピーカーはアンプがないと作動しません。

 

〇スピーカースペックの見方

スピーカのスペックの見方ですが、僕もよくわからないのでざっくり説明でいきます。

1,周波数(〇〇Hz~〇〇KHzって書いてあるやる)

これは低音~高音はこれぐらいだせるよ。ということです。

2,インビーダンス (〇Ω)

この数値が低ければ大きな音が出ます。主流は4、6、8。

スピーカーのインビーダンスがアンプを下回るとダメらしいです。スピーカーとアンプのインビーダンスは同じもしくはスピーカーのほうが大きいようにしましょう。

f:id:TengDo:20170908171822p:plain

f:id:TengDo:20170908171824p:plain

この2点は上が高いスピーカーで、下が安いスピーカーです。この2点を比較するとわかるのですが上は60Hz~40kHz下が150hz~40Hzです。つまり上のほうが出せる音の幅が大きいということです。

 

 

〇用途と予算で決めよう!

やはり何かを買うには用途と予算です。車で言うなら通勤が主な用途なら燃費がいい車がいいんじゃんみたいなことです。スピーカーにも同じことが言えます。

最近流行りDTM(デスクトップミュージック)はモニター調のアクティブスピーカーがいいらしいです。上記のPM0.3、PM0.4はDTMにはおススメらしいです。

「音楽を楽しみたい」という方には、もちろんアクティブスピーカーでもいいのですが、パッシブスピーカーがやはりいいらしいです。

またスペースの問題もあります。デスクの上は限られています。上記のアクティブスピーカーは小さくていい音というのも人気の理由です。

スピーカーの世界は上を見ればキリがありません。予算は決めて探さないといつまでも決められません。

 

〇さぁそんな中私はどうしたのか

私の用途は「いい音で音楽を聴きたい!」でした。またデスクの上はデュアルモニターでスペースは限られています。やはりFostexのPM0.3で考えてました。しかしパッシブスピーカーってなんかかっこいいんです。「音にはこだわってまっせ」感がありますよね…?

・初心者を惑わせるベテランたちのスピーカーの論争

音の世界はよくわからない論争が多く「3万円以下ならアクティブスピーカーがいい!」とか「パシッブスピーカーが正義だ!」とか「スピーカーよりもアンプに金をかけろ!」とかとか

私も当初は全てを鵜呑みにしてました。しかし全てを鵜呑みしていると答えは無くなります。結局「現代に王貞治が来たら800本打てるのか」のような…データはあれど結論のよくわからない論争になるのです。あ、あくまでオーディオ初心者の私の一個人の見解ですよ。

 

さて話を戻して結局どう選んだかといえば評価の高いメーカーの、レビュー評価の高いスピーカーとアンプ(内容は気にしない)。予算は2万円!で決めてやりました。数か月も悩んだと思えないほどにあっさり決めてしまいました。また見た目のカッコよさも重視しました。

 

〇何を買ったのか早く言えよ。最初に言えよ!

はい。

・スピーカー:Denon ブックシェルフスピーカー SC-M41-CW 13,662円 9/8現在

http://amzn.asia/dtGjj1z

・アンプ:Fostex パーソナルアンプ AP15d 8,661円 9/8現在

http://amzn.asia/iTPqDAY

 

これらを買いました。追って個別にレビュー記事を書きますが、現在使用2日目なのですが結構満足してます。音楽聞くのが楽しいです。

スピーカーに関しては前モデルの評価が高く、現行の新モデルのレビューは無かったのですが、デザイン性やカタログスペックで決めました。またDenonってなんかカッコイイような気がして…

アンプはデスク上におけるコンパクトもので探してました。これも出力のスペックとコンパクト、Fostexといのが決め手になりました。。音にこだわる人たちは大型で数万、数十万もするプリメインアンプを買うようです。私にはまだ手が出せませんがいつかは手を出してみたいです。また逆にコンパクトアンプは中華製がほとんどです。アマゾンでも人気で評価も高いです。値段の3000円ほどで結構いいらしいです。 

 

〇最後に

最後まで見てくれてありがとうございます。ざっくりでごめんなさい。同じくオーディオ初心者の方の参考になれば幸いです。

http://audio.kaitori8.com/topics/spec-speaker/ スペックの説明の際に参考にしました。

 

 

 

 

 

 

 

Creative Sound Blaster X-Fi Surround 5.1 Pro サウンドブラスターのUSBオーディオインターフェースをレビュー!! 対して変わらない!?(素人の耳)

クリエイティブの外付けサウンドカードを買いました。購入時価格5,369円(amazonf:id:TengDo:20170810224130j:plain

 

〇外観

f:id:TengDo:20170810224144j:plain

外観は黒でテカテカです。音量は丸いところでクルクル操作できます。大きさは横13cm縦8cmで私のzenfone3と同じぐらいの大きさです。

f:id:TengDo:20170810224145j:plain

 

f:id:TengDo:20170810224147j:plain

出力端子はこの通りで、ヘッドセットや2.1chや5.1chのスピーカーが主な用途です。

 

 

〇使用レビュー

・音質 使用ヘッドホン ATH-M40x

肝心の音質です!比較対象はオンボードsonyのマイク(ECM-PCV80U)付属のUSB AUDIO BOXです。これはただの変換機です。

音質は正直変わらないというのが正直なところです。んーまぁ感動とかそういったところは全くないです。またUSB AUDIO BOXに比べて音量が小さいです。出力も入力も小さいです。

・使用時のダメなところ

ノイズが出ます!具体的には他のUSB機器を接続したり、ゲーム起動時など、何か負荷がかかるとビリビリといったノイズが出ます。これは環境のせいなのか…?

 

〇ドライバーインストール時のトラブル

ドライバーやコントロールソフトをインストールしたときに、それが「使用機器が見つかりせん」という表示がでで上手く入らない状況が起きました。これは価格.comに同様の現象が起きた人が解決の過程を書いてくれていたのでURLを貼っておきます。

どうやらESETを使用しているのが原因のようです。

 

bbs.kakaku.com

〇まとめ

さて結局買って良かったのかというところですが…安物買いの銭失いは否めません。

もう少しお金を出していい製品を買わないと「音の違い」は味わえないんだろうなぁなんて素人は思ってしまいます。

でも音に何万も出せないよなぁ…

ジャンプのエロ表現騒動について個人的主張。ありがとう少年誌のエッチな漫画家って僕は言いたい!!

過激すぎる?「少年ジャンプ」のお色気表現に賛否 「息子には読ませない」「エロは成長に必要」キャリコネニュース 変更する

https://news.careerconnection.jp/?p=37894

 

まずこの騒動を知らない人はこの記事を読んでほしい。

 

さてジャンプお色気騒動について個人的主張をします。

 

まず議論の整理を…

 

この騒動の発端となったのはとあるツイートからであるが、火をつけたのは弁護士の太田啓子さんの

「息子には少年ジャンプは読ませない。息子をもつ保護者の皆さん。少年ジャンプ編集部に抗議を。どうかと思うよ」

 

このツイートであると思います。このツイートには容認派、否定派ともに多くの人が反応しました。

 

私は容認派なので、ざっくり否定派の主張を紹介すれば

「別に全ての性的表現を否定しているわけではない。相手が嫌がっているのにそれに対して性的興奮を覚えるのが問題。

 

容認派は端的に言えば「エロも表現の自由のうち」という形の意見が主だったものかなと思います。

 

 

さて本題です。テング的主張です。

「僕は裸になることが恥ずかしいこと。女の子はセクハラ行為を嫌がること。それを教えてくれた少年誌のちょっとエッチな漫画家に感謝したい。」

 

 

私は容認派で「エロも表現の自由のうち、エッチな漫画で性的におかしくなるわけじゃない。性教育できちんと教えればいいじゃないか。」という論調はもちろん同意しますし、

否定派の「嫌がることに性的興奮を覚えるのは問題だ」という論調にも理解はできます。

 

しかし今回問題のイラストでは女の子は恥ずかしがっているのです。つまり裸になっていることを嫌がるように描くことで、この状態は普通ではなく異常なことであると教えてくれているのです。

 

性的に女性の嫌がることはしてはいけない。エロいことは恥ずかしいこと。オナニーは隠れてすること。そんな現代日本に生きていれば当然の考えも、こういったちょっとエッチな漫画から学んだことなのかもしれません。

 

ありがとうエッチな漫画の作者たち!!

 

 

COUGAR クーガー マウスバンジー BUNKERのレビュー 使用マウスSteelSerises Rival300

今回はクーガーのマウスバンジーBUNKER(CGR-XXNB-MB1)のレビューをします。

・はじめに

 マウスバンジーとは机の上でグチャグチャしてしまうマウスのコードを固定するもので、マウスのコードが机の上で暴れるのを防ぎ、さらにコードの擦れによる断線も防ぐものです。

 マウスバンジーの中でamazonのレビューのレビュー数が一番多いのはRazerのマウスバンジーですが、コードを挟むところが狭いというレビューが見受けられました。レビューに影響されてしまう私、一番人気を買うことに抵抗のある私なので、こいつを購入することにしました。

 使用マウスはSteelSerises Rival300です。ちなみにマウスバンジーはこいつしか使用したことがないので、比較はできないです。

 

 

・箱f:id:TengDo:20170528175250j:plain

・本体

f:id:TengDo:20170528175255j:plain

 

〇仕様と感想

 机に固定するのは粘着性のある吸盤です。中央のレバーを下げて吸盤で机に固定します。吸着力は凄く、ガチガチに固定されます。しかし取り外しは容易です。

 コードを挟むところは丁度よいです。またアームの部分はしなやかに稼働するのでマウスをどう動かそうが問題ないです。

 質感も特に不満はなく、全体もコンパクトなので邪魔になりません。なによりマウスバンジーは「ゲーマーのデスク感」が出るのでいいんです。

 

まぁ買って損なしな商品だと思いますが、無駄な買い物であることは否定できないです。